R/LOOM 2018/19


notes, Japan - retur, A. Petersen, Copenhagen, DK, Grant: Danish Arts Foundation, Dreyers Fond, Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation

R/LOOM  built in 2017 with Johna Hansen will enter a new phase. The record of our exchange about things, ideas, air, words and how to connect this related space which appears in front of us. Time is incorporated, and it becomes space. Experimental installation-2.

Photography by Andreas Omvik

notes、Japan-returア・ペーターセン、コペンハーゲン、デンマーク、助成金:デンマーク芸術財団、ドレイヤーズ財団、スカンジナビアニッポンササカワ財団
2017年にヨナ・ハンセンと企画制作したR / LOOMは、新しい段階に入る。物事、アイデア、空気、言葉、そして私たちの前に現れる、この空間との結びつきをどのように関連付け、表現するか。時を織り込む。それは次第に空間となる。私たちが素材、空間、訪れる人々と過ごした時間の中での様々な事柄の可視交換記録。


写真:アンドレアス・オムビック












R/LOOM 2017


What Can Be Seen Between Light and Shadow, Danish art workshop in Copenhagen and vARTe in Varde, DK, Grant: Danish Arts Foundation, Dreyers Fond

This R/LOOM is the first works with artist Johna Hansen. In 2017, we built this structure at the Danish Art Workshop in Copenhagen with a grant from the Danish Arts Foundation to commemorate the 150th anniversary of diplomatic relations between Denmark and Japan and held a performance session at vARTe in Varde.
Weaving and architecture. Build a structure together. Difference in size and materials. The crossing created by two of us who have grown up in different cultures in different areas and majored in different fields to create one thing. Relationships between people, things and spaces are constantly changing and resonating. There is no answers, and the breath, rhythm, and atmosphere that is born every day on the spot. Experimental installation-1.

Photography by Andreas Omvik

光と影の間に見えるもの、デンマークアートワークショップ(コペンハーゲン)、vARTe(バーデ)、助成:デンマーク芸術財団、ドレイヤーズ財団
このR / LOOMは、ヨナ・ハンセンとの初の共同制作であり、 2017年、デンマークと日本の外交関係150周年を記念するデンマーク芸術財団からの助成金を受けて、コペンハーゲンのデンマークアートワークショップでこの構想を構築し、バルデのvARTeでパフォーマンスセッションを開催した。
織りと建築。共に過ごし対話を重ね、様々な接点を見つけ活かし合う構造を構築。サイズや素材の違い。異なる地域の異なる文化で育ち、異なる分野を学び出会った2人が見つけた出した様々な交差点、そしてそれを可視化する。人、モノ、空間の関係は常に変化し、共鳴する。答えはなく、その場で日々生まれる呼吸、リズム、空気感。実験的インスタレーション -1。

写真:アンドレアス・オムビック













Three-Dimensional


1 - 2: 無測量の値へ贈る器 (The things that are not measurable), Handmade Washi Paper Yarn, Stainless Steel, 300 x 200 x 200 cm,  Exhibition at Okinawa prefectural University of Art

I made a tool to make a strip of paper, and made a pattern based on the difference in appearance between where the twist was applied and where it was not. This illuminated object casts a shadow on the floor. An object floating in the space made of this paper sways gently when if a person passes by. The shadow also sways like wandering in space.  A vessel that tries to accept invisible things, such as indefinite joy and sorrow.

3 - 4: 縁 (=EN, connection),  Handmade Washi Paper Yarn, Acrylic Board, 210 x 90 x 90 cm, 2009, Exhibition at Okinawa prefectural University of Art

The edges of the washi paper are soft and non-straight lines are beautiful to me. One of the purposes is to make a yarn that makes use of the lines through which the fibers can be seen. I made tools of this structure to make paper into the shape of threads for use the fiber of Kozo. I made a three-dimensional object using the thread. There are two kinds of thickness of the thread, and the bundle of the thread with a different thickness each makes a visual work that changes the appearance.

2 - 4: Photography by Daniel Lopez

1 - 2:無測量の値へ贈る器、手作り和紙糸、ステンレス、300 x 200 x 200 cm、沖縄県立芸術大学、沖縄
流し漉きで、短冊状の和紙を作る道具を作り、撚りを掛けたところと掛けないところの見た目の違いを基に集合体での見え方の違いを作った。
光に照らされ、床に影を落とす。この紙でできた空間に浮かぶ物体は、人が通り過ぎるとやさしく揺れ、影も宇宙をさまようように揺れる。不確かなもので溢れている世界。測り知れない喜びや悲しみなど見えないものを受け留める器。

3 - 4:縁、手作り和紙糸、アクリル板、210 x 90 x 90 cm、沖縄県立芸術大学、沖縄

和紙の端は柔らかく、直線ではないその耳の線が綺麗でその和紙の魅力を残した和紙の糸を作り、和紙を撚らずその耳を活かすことを目的とした。この糸を作る為の道具を作成し、何度か実験を重ねた。これは溜め漉きの方法をとっており、ふっくらとした厚みのある糸が出来た。繊維長の長い楮の繊維を使った糸状の和紙。その糸と比較の為、流し漉きの和紙を撚ったものを合わせ、立体物を作った。2種類の異なる太さの糸の束がそれぞれ違った視覚効果を生み出す。 また、鏡状になっているアクリル板を上下に配置し、どこか見えなくなるまで線が連続する視覚的効果の実験。

2 - 4:写真:ダニエル・ロペス



1

2

3  


4





Weaving


At first glance, cloth looks like a plane, but woven fabrics made on the three-dimensional structure of threads have many possibilities. Depending on what kind of material, what kind of color, and how the threads gather, various uses and visual effects will appear.

I design fabrics for both private and public customers. Orders and requests can be made by contacting me via E-Mail.

photo credit images 2 and 4 : Kate Hill 

布は一見、平面に見えるが、糸の立体構造の上に出来上がっている織物は多くの可能性を私に示す。どのような素材で、どのような色彩、糸がどのように集合するかによって、様々な用途、視覚的効果が表れる織の世界は私の作品制作の根となっている。

物を制作するという事の前に、対話する事、イメージやそのものが出来上がるまでのプロセスを共有する時間を大切にしています。
ご注文・ご要望などありましたらお気軽にメールでご連絡ください。

写真 2、4 :ケイト ヒル


1

2

3


4


5


6

7







Sewing


There are various uses such as making hide, warm, and colore, and it is a culture that combines cloth in 3D. Clothing continues to be an indispensable part of human activities, and it also has many social problems. About the balance between necessity and enjoyment, and the life of a piece of clothes. I'm interested in making clothes from all sides.

Before making things, I value the time to interact, share the image and the process of creating it.
If you have any order or request, please feel free to contact me via E-Mail.

photo credit images
1 and 3: Tsuduri-sha, 4: Shuhei Tonami

纏う、隠す、温める、彩る…など様々な用途があり、3次元立体に布を組み合わせる洋服の文化。衣服はこの先も人間の営みの中で欠かせない存在であり、また現在多くの社会的問題を抱えているものでもある。必要であるという事と楽しむという事とのバランス、また1枚の服の一生について。様々な方面から、服を制作するという事への興味となっている。
物を制作するという事の前に、対話する事、イメージやそのものが出来上がるまでのプロセスを共有する時間を大切にしています。
ご注文・ご要望などありましたらお気軽にメールでご連絡ください。

写真1 、 3: つづり舎 4: 砺波周平


1 Work for Masa (AKITO COFFEE)


2

3




 5

 6

 7


8


9


10 Work for Moxies 


11 Work with SOLOLA


12 Work with Bashou-kobou URUKU